昇降機は自宅の階段の昇り降りを補助するための機械です。2階建て以上の住宅に居住している場合や、自宅の玄関までのアプローチが階段である場合には、足の不自由な高齢者にとってはかなり移動が困難となります。高齢化社会が進行している現在は、国民の4人に1人は高齢者となっており足腰に不調を抱える人も多くなっております。階段昇降機を設置することによって高齢者の自宅での移動が容易になり、階段での転落によるケガなども防止することが可能です。自治体によってはバリアフリー化のために補助金を利用して設置することも可能となっているケースもありますので、高齢者と同居されている方は自宅の階段を一度見直してみることをお勧めいたします。将来的に自分自身にとってもメリットとなることも多いものです。

ホームエレベーターよりもリーズナブル

階段昇降機とよく比較されるのがホームエレベーターです。都市部の狭小住宅や、建坪の広い2世帯住宅、あるいは建築コストをかけた高級住宅では比較的多く採用されていますが、その設置費用はかなり高額となります。また建築コスト以外にも維持管理費用として定期メンテナンス、24時間通報システムへの加入など、運用するだけでもかなりの費用がかかります。その点において階段昇降機であれば設置に関してかかるコストがホームエレベーターと比較するとかなり安く済ませることができます。また、後付の場合であってもホームエレベーターほど大規模な工事が必要ありません。1日程度の工事で設置が完了するということも魅力です。また、屋外の玄関へのアプローチなど物理的にエレベーターの設置が困難な場所にも対応ができます。

設置費用は階段の形状によって異なる

設置に関しては、階段の形状によってやや異なります。最も単純な形状である直線的な階段である場合には工事費を含めおよそ50万円から60万円前後での設置が可能となります。階段の形状が曲線部分のあるというタイプである場合には100万円程度の予算を考えておくことが良いでしょう。業者によってはレンタルという形で月々定額の支払いを可能としている場合もあります。屋外用の防滴タイプであればおよそ70万円前後となります。なおその他にも車椅子対応タイプや取り外しが可能なコンパクトタイプなど、使用する方や住宅の実情に合わせて選択することが可能となります。まずは比較サイトなどでチェックをし、設置業者と相談のうえどのような機器を導入するのかを決めてからの工事としましょう。自治体への申請で補助金が交付される場合もあります。

移動用リフトによって障害がある方にかかる負担の軽減へと繋がります。 かつてない背あげ姿勢を実現した新しい介護ベッドで生活が過ごしやすく変わります。 スマイルケア通信にて様々な活動や情報をお届けしております。 階段昇降機の設置する階段に対してタイプがございますのでお気軽にご相談下さい。 当社の工事例を随時更新しておりますので、ぜひご覧になって下さい。 通学時に持たせたい防犯グッズはコチラ!