高齢の方のみの世帯も増えていますし、在宅で体の不自由な方を介護する家庭もあり、昇降機を設置する家が増えています。杖での歩行ができる方だけでなく、車いすごと乗せて昇降が可能なタイプもあり、利用者の状態に合わせた機械を選べるでしょう。介護福祉用品の販売やレンタルサービスをする店舗でも説明を受けられますし、家屋の展示場でも見られる場合があります。平屋や1階のみで生活をしている方であれば、道路や敷地から玄関までの数段の段差に設置する場合がありますし、屋内外で階段の上り下りをする機会がある方であれば、椅子に座って移動するタイプの大がかりな装置もあります。上がりかまちがあったり、玄関から室内の段差があったりする場合にも、座面に腰掛けて上げ下げができる、簡易タイプの物もあります。

介護認定があればケアマネージャーに相談出来る

昇降機の設置を検討していても、どちらに頼んで良いか分からないこともあるでしょう。介護認定を受けている方であれば、ケアマネージャーに相談すると適切に対応してもらえることがあります。上がりかまちで、土間から室内への段差がある場合なら、レンタルサービスを受けることもできます。たいていの場合は、施工して取り付けになることが想定されますが、場合によっては、工事の補助金が出ることもありますので、ケアマネージャーとよく相談するといいでしょう。要介護者も介護者も使いやすいように、設置の仕方や使い方についても教えてもらえます。また、他に適切な道具があれば、紹介してもらえる場合もあります。例えば、機械を設置するのが難しい場合は、介護福祉用品のレンタルサービスを利用して、移動スロープや手すりを段差の上に設置して上がりやすくすること等、アドバイスができることもあるでしょう。

介護認定を受けていない場合には

昇降機を付ける家庭は、介護認定や障害者手帳の認定を受けている方が主なので、それらの認定や交付を受けている方であれば、介護関連の事務所やサービス業者等に相談しやすいでしょう。しかし、中には、高齢等の理由で、動きが悪くなっているため、怪我などを防ぐために設置を考える世帯もあると考えられます。ケアマネージャーが付いていなくても、介護用品を扱う店舗で相談することも可能です。職員は、福祉商品についての知識が豊富なので、適切なアドバイスができます。その場に実際の昇降機が用意されていることは少ないですが、特徴等を詳しく教えてもらえることがあります。最寄りに店舗がないのであれば、地方の自治体から委託を受けている、それぞれの住所地に対応した在宅介護支援センターに相談するのもいいでしょう。介護認定を受けていなくても、在宅での生活がしやすいように相談にのれるため、適切な指導を受けられたり、商品や業者を紹介してもらえたりする場合もあります。