昇降機には、いす式のものと車椅子ごと乗ることができるものがあります。基本的な考え方として、階段を自分で昇降するのが難しい方のために設置するものという点を押さえておく必要があります。そのため、荷物やペット、お米や飲み物などを運ぶ目的では設計されていないことが多く、これらのものを運ぶのには安全上適していないと言えるでしょう。例えば、いす式の場合は本人の体重を含めて90kgまでの重さが耐加重となっていることが多いです。そのため、この重さを超えない場合であれは、物を持って利用することはできないとは言えませんが、持つものが大きかったり長かったりすると、途中で引っかかったりして身体に危険が及ぶ可能性がありあすので、荷物の大きさや形なども考慮する必要があります。

昇降機を設置する時に必要な費用

昇降機を設置するのにどれくらいの費用がかかるのかは知りたいところではありますが、メーカーのホームページなどを見ても、明輝されていない場合がほとんどです。その理由として、階段の形状や傾斜角度、段数や設置する場所の条件などは、それぞれ異なっているため、一律で価格を提示することができないためです。実際に設置を検討するのであれば、メーカー側に連絡をして、現地調査に来てもらい、見積もりをしてもらうのがおすすめです。現場の状況によっては、階段の手すりを外したり、コンセントを新しく設置したり、階段の近くにある扉などの方向や位置を変更しなければならない場合があります。設置する場合は、一戸建ての持ち家であれば大体の場合が可能ですが、賃貸や集合住宅では大家さんや理事会の承認が必要となります。

購入する際に注意しておくべき点

昇降機は、人を載せるもののため、安全に使えることを第一に考えなければなりません。そのため、購入後は定期的に点検を受ける必要があります。安心して使用するためにも、アフターサービスやフォローの制度がどうなっているのかをあらかじめ確認しておきましょう。メーカーによっては、困った時の対応を24時間受け付けてくれているところもありますが、すべての業者がそのような制度を設けているとは限りません。困った時にどこに問い合わせをしたら良いのかを調べておけば安心です。いす式を購入するにしても車椅子式を購入するにしても、本人が自分で乗って座ることができたり、車椅子の場合は介助する人がいないと使用することができません。購入したものの実際は使えないなどという事態にならないように、事前に色々調べておくことが大切です。